経営学部の学び

K-bizウォーカー・プロジェクト

サポーター企業:KADOKAWA

目的:情報コンテンツ・ビジネスの体験

参加ゼミ:赤尾ゼミ(経営組織)

■ 情報をビジネスにする!?

K-bizウォーカー・プロジェクトは、雑誌やウェブサイトなどの情報コンテンツを学生自ら企画し、実際に取材して誌面を制作するプロジェクトです。

多くの情報にあふれている現代では、「情報をどのように価値やお金にかえるか」というのはとても難しい課題です。情報コンテンツ・ビジネスの難しさに、身をもって挑戦するプロジェクトです。

DSC_0166

■ 取材交渉もすべて自分たちで

このプロジェクトでは、すべてのプロセスを学生が自分で行ないます。取材を依頼する交渉もその一つ。

「海が見えるカフェ」をテーマに飲食店を取材した永島義英くんは「取材の許可を得るところが、まず難しかった」と語りました。

また、衆議院議員の小泉進次郎さんを交えた座談会を企画した山口奈央さんは「最初は有名人に会いたいだけでした。それでは取材を受けてくれないと分かり、日本の農業の将来を考えるという趣旨で企画を練り直しました」と振り返りました。

ウォーカー逗子

■ 気がついたら学んでいた!!

このプロジェクトに参加した学生の多くは、気軽に始めたつもりだったのに、いつのまにか大きなことを成し遂げていたことに驚いています。

小泉進次郎さんの座談会を企画した山口奈央さんは「本当に座談会が実現すると思っていなかったので驚きました。とても貴重な体験になりました」と語りました。

地元の飲食店を取材した中川哲朗くんは「軽いノリで始めたんですが、実際に取材に行ってみたらいろいろなことが見えてきました。でも、勉強していたという感覚は無かったですね」と振り返りました。

プロジェクトに協力した山本篤史さん(KADOKAWA)からは「学生たちは怖いもの知らずに、やりたいことを貪欲に追求してくれました。これは学生だからこそできる体験です。また指導するなかで、一人一人の学生の進化を実感しました」と言って頂きました。

ウォーカー写真3

>詳しくはこちら(冊子「日本の農業のいまと未来」、小泉進次郎さんから若者へのメッセージも!!)

>詳しくはこちら(赤尾先生のプロフィール)

■ ニュース一覧

「まちマップを作成しました」

「小泉進次郎議員にインタビューしました②」

「小泉進次郎議員にインタビューしました①」

「K-bizウォーカー始動」

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2016 Kanto Gakuin University All rights reserved.