保護者の方へ

保護者の皆様へ

関東学院大学では、グローバル化の進展、ICTの発展、人口減少などによる社会構造の大きな変化を見据え、これからの企業、組織、そして人間のあり方を探求するため、さらに、次の社会を担う人材を育成するために、これまでの経済学部経営学科を発展的に独立させ、経営学部を開設します。

関東学院大学は、その前身となる関東学院高等商学部、そして経済専門学校時代から、地域社会で活躍する経済人、経営人材を多く輩出してきました。さらに、1949年に関東学院大学の設立と同時に経済学部が誕生して以来、長い伝統と、それに伴う多くの教育資源、地域における人的ネットワークを培ってきました。

2017年4月からスタートする経営学部では、これまでに培ってきた教育資源やネットワークを生かしつつ、これからの社会に求められる人材を育成するため、経営学部のサポート企業ネットワーク「K-biz」を構築し、実際の企業の現場の視点を大きく取り入れた教育を推進していきます。K-bizには、東証一部上場企業から地域企業まで、さまざまな業種から10社程度の参画を予定しています。

このK-biz参画企業の協力を得ながら、グループワークを中心として、社会的な課題をビジネスの視点から解決するための企画・計画を立案し、提案にまとめていく「ビジネスプラン」と、2年次からはじまる徹底した少人数制による「専門ゼミナール」を柱とした教育を展開していきます。ビジネスプランでは、企業人を課題の発題と評価を行う審査員に迎え、実践的な観点から企画力、提案力、実現可能性などの評価をうけることで、学生自身の総合的な力をしり、専門ゼミナールでのさらなる学びにつなげていきます。

また、経営学部では、高校-大学-社会の連続的な人材育成を推進するために、K-biz参画企業や高校教員、有識者などで構成される「アドバイザリー・ボード」を設置し、これからの社会で必要な人材像や、教育の在り方について議論しながら、未来志向の教育を展開していきます。

関東学院大学開学以来、科学・学問の社会での実践という「実学」の遺伝子を受け継ぐ経営学部は、社会と連携した学びを通じて、主体性をもって他者と協働し、組織やグループを機能させながら提案性の高い企画、計画を創造することができるチャレンジ精神に溢れる人材の育成を目指していきます。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2016 Kanto Gakuin University All rights reserved.