神奈川産学チャレンジ・プログラム

■ 神奈川産学チャレンジ・プログラムとは!?

神奈川産学チャレンジプログラムとは、神奈川経済同友会の会員企業と神奈川県内の大学が中心となって行う、課題解決型のコンペティションです。

経営学科からも毎年、福田ゼミ(流通システム)を中心に複数のゼミから多くのチームが参加しています。最近では20大学、200チーム、800人超の学生が参加する、他県にはない壮大なイベントになっています。

企業が実際に直面する経営課題の中から研究テーマが出されるので、学生にとっては生きたビジネスの世界を知る機会になります。そして、企業が学生に期待するのは、「若者らしい創造的なアイデア」や「審査員がハッとする斬新なアイデア」です!

■ 理論の実践と論理的思考力が大事!

学生は企業に寄り添うことで課題の背景を考え、企業の強みや弱みなどを客観的に分析し、提案の方向性を検証します。その提案にはニーズがあるのか、実現できるのか、利益が出るのかを考えていきます。

理論を実践で活用することで、学生はマーケティング、経営戦略、会計といった経営理論を学ぶことの意味を理解し、学習する動機づけになります。また、なぜそう考えるのか、根拠は何かといった論理的思考力を鍛えられます。

image3

いろんな課題にぶつかります!

■ 運命の審査発表

半年間にわたりレポートづくりやプレゼンテーションに取り組んできた学生たちにとって、11月の審査結果発表はまさに運命の日になります。

入賞できたチームは自然と喜びの拍手が湧きますが、選ばれなかったチームの反応はさまざまです。中には泣き出してしまう学生もいます。春学期から半年間取り組んできた思いが伝わってきます。

■ 「先生を表彰式に連れて行くぞ!」

審査の結果、見事に入賞したチームは12月に表彰式に招待されます。表彰式には指導教員が同席でき、学生の中には「先生を表彰式に連れて行くぞ」と意気込む学生もいます。表彰式では大きな表彰状と副賞がもらえます。表彰状は就活中に持ち歩く学生さえいます。

経営学部ではビジネスプランがカリキュラムの柱の一つになっています。産学チャレンジに応募する学生が増え、入賞するチームも増えることが期待されます!

image10

笑顔の表彰式

■ ニュース一覧

「表彰式2015」


「表彰式2014」


「表彰式2013」

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2016 Kanto Gakuin University All rights reserved.