上町商店街(横須賀)商店街活性化プロジェクト

福田ゼミ(流通システム)では、横須賀の上町商店街連合会と連携し、商店街のミーティングに参加してイベントを企画・運営します。

■ 浪漫灯ろうまつり(7月)

商店街、地域の住民、学生が協力して、手作りの灯ろうを作って、商店街のお店の前に350基を並べます。アイスキャンデーや花火の配布を楽しみに来る子供たちと触れ合うのも楽しみです。

女子学生は浴衣を、男子学生は甚平を着て参加します。2日間で1万数千人もの人が商店街に遊びに来てくれます。海軍基地の家族も多いため、英語版のパンフレットも用意しています。

事前の準備や後片付けを夜遅くまでやるので大変ですが、商店街の裏方の仕事をする貴重な体験になりますし、何より商店街や子供たちに喜んでもらえると疲れも吹っ飛びます。

■ お店のポスターづくり(12月~2月)

商店街の活性化は、全体で賑わい感を作るイベントだけでは長続きしません。どういう商売をしているのか、お店の魅力を発信する必要があります。

そこで、学生が1人1店を担当して経営者にインタビューを行い、ポスターを制作してさくら祭りの期間中に文化会館のギャラリーに展示することにしました。

取材して分かったことは、大型店の効率性を重視する経営とは違い、上町には創業から100年を超える店がたくさんあり、遠くからお客さんを呼べる魅力ある店が多いということです。

■ 浪漫さくら祭り(3月~4月)

さくら祭りは、商店街から近い横須賀中央公園で商店街から30店のテナントを出店するとともに、音楽、舞踊、花見をみんなで楽しむイベントです。

開催が決まると私たちは朝からテント張りの手伝い、本部での接客、子供向けゲームの企画・運営、会場の警備など、夜遅くまで運営スタッフとして参加します。天気さえよければ春休みの一日をとても有意義に過ごすことができます。

上町商店街での活動は、教科書だけではわからない、商店街の現状を知る貴重な体験になります。私たちが築いた商店街との信頼関係をもとに、後輩たちにも商店街を舞台に生きた経営学や地域コミュニティの意味を学んで欲しいです。

■ ニュース一覧

「桜まつりパネルディスカッション」

「ハロウィンフェスティバル2016」

「浪漫灯ろうまつり2016」

「ハロウィンフェスティバル2014」

「灯ろう祭り2014」

「桜まつり2014」

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2016 Kanto Gakuin University All rights reserved.