経営学部の学び
経営学科の学びメインイメージ

経営学科の学び

ビジネスの理論を学び、経営の現場を体験。社会で生きるための力を養います。

学びの流れ

経営学科では、今後のキャリア形成や学生生活を送る上で必要な基礎を1年次に学び、2年次から学生一人ひとりの進路に合ったコースをビジネスリーダーシップコース、ソーシャルビジネスコース、流通マーケティングコースの中から選択します。

専門科目の基本科目では、経営・商学・会計・経営情報の4つの分野の基礎を学び、コース科目ではより高度な専門的知識を身につけます。そして、これらの講義科目で学習した知識を実際に「使ってみる」「やってみる」のが実践ビジネス科目です。講義科目と実践ビジネス科目、さらには専門ゼミナールを有機的に結びつけることで、社会のニーズに応えるコミュニケーション能力、主体性・積極性を持った学生を育成します。

学びの流れ
ビジネスプラン

経営学部の学びの最も大きな特徴は、1年生のときに全員が「ビジネスプラン」という科目を履修することです。これは事業の企画を自分で立ててみるというものです。もちろん1年生なので高い水準のものを作ることはなかなか難しいでしょう。ですがこの授業の目的は、まずやってみることによって、何ができないのか、何を勉強しなければならないのか、ということに気づくことなのです。こうした「気づき」は、2年生以降の専門的な学習をする意義や目的をもたらし、学習する意欲も高まることになります。

この1年生科目「ビジネスプラン」は、まず春学期に先生の説明を聞きながら、ワークシートに書き込んで、ビジネスプランを作るプロセスを体験していきます。秋学期はそのプロセスをもう一度なぞりながら、少人数のグループで1つのビジネスプランを作り上げていきます。最後はそれぞれのグループが作ったビジネスプランを発表しあい、お互いに何ができて何ができなかったかを感じ取ってもらいます。

専門人材育成プログラム

経営学部には、より多くのことを学びたい意欲の高い学生のために、専門人材育成プログラムを用意しています。

会計人材育成プログラム

会計人材育成プログラムは、税理士など会計系の資格取得を目指す学生をサポートするプログラムです。このプログラムは通常の会計系の授業と異なり、より早く高度な学習へと進んでいくカリキュラムになっています。また、通常の大学の授業が半期で終わってしまうのに対し、このプログラムは数年にわたる学習を教員が長期的にサポートし、学習の進度などについてきめ細かく指導します。

グローバル人材育成プログラム

グローバル人材育成プログラムは、海外で活躍することを目指す学生をサポートするプログラムです。このプラグラムでは単に英語を鍛えるだけでなく、海外でのインターンシップやボランティア活動など、実際に海外に行って現地の人とふれあいながら、実践的に英語を学んでいきます。

PICK UP 科目

戦略とイノベーション 現代ツーリズム[観光] ブランド・マネジメント
現代の大企業の多くは複数の事業を行っており、企業全体の優位性を考える必要があります。さらに、今日の技術環境は、その変化のスピードが高まり、企業が長期的に成長するにはそれら変化に適切に対応する必要あります。そこで、事業戦略の応用、企業戦略の基礎、およびイノベーション・マネジメントの基礎を、企業の事例にもとづいて理解します。 観光立国を標榜している日本のGDPに占める観光産業の貢献度は、世界平均の3分の1の水準に留まっています。この状況はまだ発展の余地があると捉えることもできます。日本の観光の課題について、観光事業者の視点と観光客の視点の両方から考察を行い、その改善策について検討します。 現在の企業(組織)経営での「ブランド構築」について、ブランドの価値管理と価値創造の両面からその考え方を理解し、具体的方法を学びます。前半ではブランドの定義・基本概念、ブランド管理とブランド価値創造の考え方と方法について学修し、後半では、ブランド構築の考え方を、さまざまな組織において応用し、それぞれの組織がブランド価値をどのように創造しうるかについて具体的事例とともに学修します。

経営学科のカリキュラム

専門科目

専門科目 カリキュラム
  • カリキュラムの画像をクリックすると拡大版が表示されます。

卒業に必要な総単位数:共通科目40単位+専門科目72単位+自主選択科目12単位=合計124単位以上

共通科目

共通科目 カリキュラム
  • カリキュラムの画像をクリックすると拡大版が表示されます。

卒業時に必要な単位数は40単位以上

複合テーマ(ワーク&ライフコース、国際化と地域社会コース)

経済学など幅広く学びたい人は、こちらのコースを選ぶことができます。

複合テーマ(ワーク&ライフコース、国際化と地域社会コース) カリキュラム
  • カリキュラムの画像をクリックすると拡大版が表示されます。

卒業に必要な総単位数:専門科目64単位+自主選択科目20単位=合計84単位以上

コース紹介

1年次のビジネスプランを体験したあと、2年次からは、より深く学びたいコースに進みます。

ビジネスリーダーシップコース

良き企業人として必要なリーダーシップ力、意思決定力、判断力を持った人材を育成。

サービスマネジメントコース

観光・宿泊・交通等のサービス業に加え、医療・福祉・スポーツ・行政・NPO等の組織運営を担う人材を育成。

流通マーケティングコース

流通・マーケティング・消費生活の分野でリーダーシップを発揮できる人材を育成。

これらの専門コースの他に、より幅広い分野を学びたい学生は、以下の複合テーマコースに進むことも可能です。

国際化と地域社会コース

国際経営、地域経済、自然環境に関する知識を持ち、異なる文化・言語を背景とする人々と協業して活躍できる人材を育成。

ワーク&ライフコース

経営と社会、心身の健康に関する知識と高いメディアリテラシー能力を持ち、社会に貢献できる人材を育成。

経営学科のデータ

・・・学科関連資格
目指せる資格・免許 卒業後の主な進路 主な就職先
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 中小企業診断士
  • ファイナンシャルプランナー
  • ITパスポート/ITストラテジスト
  • 販売士
  • 証券アナリスト
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 旅行業務取扱管理者
  • 司書ほか
  • 流通サービス業
  • IT関連企業
  • 商社
  • 銀行・証券会社
  • 不動産
  • 公務員
  • 税理士・公認会計士
  • 積水ハウス(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • 東京電力(株)
  • JX日鉱日石エネルギー(株)
  • (株)三越伊勢丹
  • (株)そごう・西武
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • 横浜ゴム(株)
  • 九州旅客鉄道(株)(JR九州)
  • (株)新生銀行
  • 湘南信用金庫
  • 星野リゾートグループ
  • (株)横浜ロイヤルパークホテル
  • 警視庁
  • 秦野市役所
  • など
  • 就職先は経済学部過去4年間の実績より抜粋。企業名などは順不同です。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2016 Kanto Gakuin University All rights reserved.